〜にっきのようなもの〜


いらっしゃいませ。あいです。毎度のご来訪ありがとうございます。   mail

Radio

ゲッターズ飯田による戸塚祥太の運勢(byTFM)

とっつーのあいみみ(byTFM)を録音したのを聴いた訳ですが、生出演していたゲッターズ飯田氏が、話の流れでとっつーの運勢を占って語っていたので、軽くレポ(文字起こしするの久しぶり)。ちゃんと下準備していたのが素晴らしい。できれば5人全員の聴きたかったかも(&願わくは、今後のSixTONESちゃんの運勢も!)

ゲッターズ飯田氏による戸塚祥太の運勢 TFM「アポロン」DJ斉藤美絵 14:00あいみみの放送後
DJ:折角、ゲッターズ飯田さんをお迎えしているのでファンの方も知りたいと思うので、戸塚くんの運勢ってどうですか?
ゲ:はい、占いまして、、、戸塚くん自体が誕生日から期に、運気の流れ、一気に良くなります。
DJ:え、誕生日、11/13。もうすぐですよね?
ゲ:来年、大ブレイクする可能性があります。
このA.B.C-Zを戸塚くんが、来年ぐっとどんだけ引っ張っていけるかによってこのグループが大きく変わります。

DJ:重要な年じゃないですか?
ゲ:はい。全員占ったんですけど、めちゃくちゃみんな真面目なんですよ。もうちょっとふざければいいのに。真面目にやりすぎてるところがあるので。五関くんって方が、少しふざけてるんですけど、それより頑固なところが出やすいんで、もうちょっとね、真面目を崩すか。
戸塚君 役者か映画の仕事が突然くる可能性があるので、そっちで注目されることもあると思います。

DJ:ちなみにラッキーフードって
ゲ:戸塚くん。和定食。なんか、心がおじいちゃんみたいな人なので、あのーお魚の煮つけとか精進料理みたいのを食べて。
DJ:胡麻豆腐?
ゲ:胡麻豆腐、いいですねっ。戸塚くん、ぜひ食べて。ファンの方教えてあげて下さい。

、、ですって(笑)。五関くんってふざけてるの?ふーん。
とっつー、来年は伊坂さんの作品(「砂漠」だっけ)の映画化&オファーくるといいねぇ。あと、外部の他の舞台。新感線なんかどうですか?

愛のかた、まり?

な、なんで?今TFMで「愛のかたまり」が流れてます。ちゃんと本家のKinKi Kidsで。DJのコメントを聞いて無かったので、どうしてこれが流れたのか判らないのだけれど、突然過ぎてビビる。、、、曲の説明とかされるとくすぐったい(光一の曲に女性目線のつよしの歌詞、的な?・笑)。※神聖かまってちゃんの「Doors」って番組で、ドラムのみさこちゃんが、「俺の嫁」のテーマで選曲した模様。たぶん
 
仕事中は基本、TFMをかけっぱなしで、今日は夕方はB'z曲だらけで、ちょっと頭にぐるぐる回ってたりしますが、夕方の田口(KAT-TUN)の番組では「RIGHT NOW」が流れて、おお、昨日観たばかりだと、思わず「ザ・少年倶楽部」に思いを馳せる(ぷぷっ)。ああ、でも田口の番組(「TAG-TUNE DRIVING!」)は非常に重宝してたりします。平日は毎日OAしていて必ず番組中で1曲はKAT-TUNの曲を流すので、彼らの曲に関してはウトいのですが、これでオリジナルが判ったりする(笑)。意外(と言うな)良い曲が多いね。そうなんだよね。ジャニ曲って結構、名曲が多いのだ。
 
話が飛ぶけれど、先日の「SMAP×SMAP」で過去の彼らの曲50曲を流すってコーナーがあったのですがご覧になりました?過去映像と共に紹介されるんだけれど、。左下に発売年と作者のテロップが出てて、それを何気に眺めていたら、林田健司氏の曲の多さに驚く。えええ、これも?あれも?って感じ。「君色思い」までそうだとは知りませんでした。あとは馬飼野康二様(もう様付けするさ、そりゃ)。もうもう、恐れ多くてひれ伏します。ちなみに下のエントリーの「さよならのエトランゼ」も馬飼野様の曲でございまする。ふー。話ずれ過ぎ。ちなみにあたしがSMAPで一番好きな曲は「恋の形」かな。きゅんとする。北斗、唄ってみーへん?

ここがあたしのツボなのか。

先ほどTFMで流れた曲がまたしても好みのツボの真ん中だったんで、誰だよ、これはとHPを探ってみたら、またしても大橋トリオでした。これは、アルバム買ってLIVEに行けってことでせうかねぇ。ま、とりあえずアルバムは抑えよう。「plugged」ね。聴きごたえありそう。
 
で、そのPVはこちら
大橋トリオ 「東京ピエロfeat.平井堅」
で、ここに出ているダンサーが一瞬、幸人に見えて、うわっと思ったのですが冷静に見てみると違う。ちゃらっと調べると島地保武さんというダンサーでした。ほほー。でもね、でもね。かなり贔屓目なのは承知しているのだが、幸人もこれやれるんぢゃないだろうか?、、ってか合うと思った。こういう映像作品でお声が掛るくらいになれるといいね、幸人。こっそり応援してるよ(余計なお世話ですか?)
 
お?今、TFMで流れた曲も気になる。tofubeats「水星 feat オノマトペ大臣

かっちょええ。

大橋トリオ「マチルダ」
 
ひとめぼれではなく、ひと聴惚れ?かっちょええなぁ。とTFMから流れたのでWeb検索してみた。久しぶりに書くことがこれかよ、、という突っ込みはまたあとで。3月に入ったので、出来るだけ書きにきます。、、たぶん。
 
ちょっと貼ったのがデカくて目立ち過ぎるので、追記に突っ込んでおきます。気になる方はこちらからどうぞ。続きを読む

愛なき時代に。

現在、TFMにて斉藤和義氏「やさしくなりたい」OA中。やはりかっちょええ。なんか心がざわざわする感じ。男臭いのにキャッチーだよね。このメロ。好きだわ。
 
さってと、今は斉藤和義が頭をくるくる回ってますが、先ほどまで「REAL DX」のエビキスVer.で頭がいっぱいでございました。もう、病気だね。んでもって、太輔の件で、開き直ってしまったら、なんか楽になっちゃったよ。やっぱり晒してみるもんだな(笑)。
 
んと、書きたいことはありながら時間がないので、少しだけ。
・昨日のキスマイRadioで、新曲ご披露。ふふーん。
・「オリスタ」購入(KinKi表紙&特集よりも先に別記事読んだことは内緒)
・そろそろ「少年倶楽部」放送開始か?テレビ付ける準備せにゃ。
 
さて、仕事しよ(って、しろよ)。
 

テンションUP。

しばらく書いてないウチに、livedoorの管理画面が変わってしまって、混乱中。慣れないので、どうしたらいいのか。加えて、ヘッド部分に知らないウチの別のバーが出来てるよ。これ消したいんだけど、どうしたらいいんだ。時間が出来たらいじってみよう。GW中になれば、少し、、くらい、は、、(全く自信なし)。

さて、出てきたのは、40周年のTFMで今井美樹ちゃんのコメントの後で流れたYumingの曲でテンション上がったので書いておこうと思って。
 
REINCARNATION■「星空の誘惑」(1983年「REINCARNATION」から)松任谷由実
 
こいつね。気分が高揚するってのはこういうことだね。Yumingならば「埠頭を渡る風」や「カンナ8号線」あたりでも同じ気分になるかも。あー、カラオケ行きたい(軽く10年くらい行ってませんが、なにか?)。少し、仕事中心にし過ぎている生活の改善と、冬の間に肥えた体重を何とかしないとならんので、気持ちを入れ替えますよ。今年の夏の逃避場(いつもの南の島だが)も決まったことだし、頑張ります。つーことで、意味はあまりない更新終了。また書きます。ええ、きっと。

真夏の奇蹟。

FACELESS MAN■「真夏の奇蹟」THE BOOM(アルバム「FACELESS MAN」1993/8/21発売)
 
はぁぁぁぁ。久しぶりに聴いた。この曲もあたしにとっちゃ、テンション上がる夏の曲なわけですよ。先ほどTFMから流れてきたのを耳にした途端、この曲を聴いていた夏の思い出がばばーーっと目の前に現われて仕事中だってぇのに、一瞬トリップ(←大袈裟だけど)。やはり、音楽っていうのは、過去の記憶に直結されてるものなのね。それを思うと最近そういう風に記憶につながっている曲が少なくなってきているような、、、。それは、単にあたしに余裕がなくて、ちゃんと遊んでない(遊び基準かよ)ってことなのかもしれないけれどね。なんだか、淋しいもんだねぇ。そういうことに気付いてしまうと。とほ。
 
さて、そんな「真夏の奇蹟」。強引に話をつなげますよ。そんな本日はその奇蹟の日の1つなわけで、KinKi Kidsもデビューして丸12年。一回りってことですな。うっ。一回りもヤツらに振り回され続けてきてるのねっ(何を今さら)。加えてこの夏も、ばったばたみたいですな。状況が上手く呑み込めてないのですが、KinKiファンは大騒ぎなんでせう?(←ヒトごとか?お前は)。ええと、触れ損なってますが、ちゃんと光一が新曲引っ提げてツアーをするとか、つよしが薬師寺で過去と現在を合体させた上で、ENDLIっちで復活するとかは存じてまする。一歩二歩くらいは遅れつつも、そのあたりは一応把握。んなことで、光一の方は大阪に足を伸ばそうかと(こてつ姐と遊びたいのが本音なのはないしょ)。横浜はどうなることかわからんので、結果次第。そんで、つよしの(いやエンさま)の方は代々木体育館!!これは行きたい。代々木ってなんか楽しいよね。座席にもよるかも知れないけれど、過去代々木に行って、気持ちがハズれたLIVEはなかったハズ。んなことで、こちらも当選することを祈るばかり。今年もぎらっぎらに暑い夏であることを望む!(本日の天気はナシってことでよろしく)

梅雨が明けると流れるのか?

■「ENDLESS SUMMER NUDE」真心ブラザーズ(1997/7/21発売)
 
今年もこの曲がTFMから流れたよ。今年も夏がやって来たんだなーと思ふ。なんだか、この時期だから仕方がないのだけれど、メタメタに忙しい状態で、いろんな余裕がなくて、自分で自分の行方が見えず、ちとカナシイ。もっと自由に好きにいい加減に生きている方が楽しいような。とはいえ、あたしという面倒くさい人間の性質(タチ)からいって、そう簡単には変えられないんだよな。性格とか生活とかそんなもん、ひっくるめて全て。もうちょっとだけでいいから、肩の力を抜かないと。柔軟なヒトになりたい。

鳥肌立った。

トリドリ。ともさかりえトリドリ。」2009/6/24発売
 
ひゃーー。近々、りえちん(ともさかりえ嬢)が新堂本兄弟に出るって話は目にしてましたし、彼女のblogでも音楽活動を再開するって記事も読んでいたのだけれど、先ほどTFMで「都会のマナー」が流れたよー。これいい!いいっす。鳥肌たった。ってかりえちゃんの声が元々好きな身としては当たり前か。とりあえず、発売したら買いざんすな。楽しみー。
 
ところで、この曲が流れた番組(「ミュージック ビレッジ ピープル」)が女性(女優)アーティストを特集していて、ありちゃん(観月ありさ)の「TOO SHY SHY BOY!」とか、篠原ともえ嬢の「ウルトラ リラックス」、広末涼子っちの「大スキ!」、新垣結衣ちゃんの「うつし絵」と続けて流れてます。ぷぷ。女優層の年齢も下がってきていることに、なんか笑ってしまうのはなんでかしら。歳?歳なの?あたしがぁ?
 
ところで、まだ事務所にいます。そんなことで、開港祭には行けず。ちっ。花火観たかったんだけどなぁ。もう少し仕事して帰ります。はい。

麗しの素顔。

■音楽劇「三文オペラ」bunkamura シアターコクーン 14:00開演
作:ベルトルト・ブレヒト、演出:宮本亜門
出演:三上博史、秋山菜津子、安倍なつみ、松田美由紀、明星真由美、米良美一、田口トモロヲ、デーモン小暮閣下 ほか
ミュージシャン:青木タイセイ(トロンボーン/ベース/キーボード)、内橋和久(ギター/ダクソフォン)、エミ・エレオノーラ(ピアノ/アコーディオン)、坂本弘道(チェロ)、塩谷博之(クラリネット/サックス/フルート)、高良久美子(マリンバ/ビブラフォン/パーカッション)、芳垣安洋(ドラム/パーカッション)
 
最後の最後で素顔の三上博史氏が拝めました。が、本編中は皆、白塗りなんだすもの。以前見た吉田栄作Ver.よりもストーリーが判っているからか、観やすかったかな。
 
続きを読む

恋愛の神様、教祖?

覚書。そういえば、今日というかここのところ、あちこちで古内東子女史の姿を見たり聴いたりしますな。まずは今朝の「とくダネ!」での朝のヒットスタジオの出演。それに、TFMでもゲスト出演していたと思われ。ラジオでも良く曲が流れてたよな。たしか、明日(か今日?)の「未来創造堂」のゲストも彼女だったという予告を先週目にしたわ。アルバムの宣伝と15周年ってことで大々的なプロモーションを展開してるってことなのね。いやー、そういうもんなのね。あまりメディアにばんばん出ているイメージがなかったので、とても不思議な感覚。と、ここまで書いておいて、後は時間のあるときに追って書く(またかよ)。

「HAWAIIAN DREAM」

雨がひどくなってきてますな。朝、家を出るときに「雨がひどくなる前に帰れよ」と職人に釘をさされたのだけれど、早く帰れるタイミングをすでに逃してます。でも、21時くらいには事務所を出られるといいな。
 
先ほどラジオから流れた曲が、竹内まりや女史の「夢の続き」でした。凄く久しぶりに耳にして懐かしい気分に。なにか連動した思い出があったのだろうと思うのですが、そのコト自体は忘れてしまったのですが(え?)ひどく気持ちが湧き立つような甘酸っぱさを感じて、自分でも驚いてしまった。一体いつ頃の曲だったのかと確認したら、1987年発売だったらしい。それも、c/wが「元気を出して」。21年、、まえ?そりゃ、記憶もないや。二十歳前後のあたしが、この曲となにを一緒に体感していたのか、今更ながら知りたいような知りたくないような。曲の終わりにDJ(小山ジャネット愛子さんね)が、『時任三郎さん主演の映画「HAWAIIAN DREAM」の主題歌でした』と話してました。そんな映画あったよな。当時観た覚えはないけど(あれ?)。あれだよね。川島透監督で、ジョニー大倉氏とか出てたヤツだよね。、、、また話しが大きくずれてる。無理やり戻しておく。このなんともいえない感じがもう一度味わいたいので、家に帰ったらまりや女史のアルバムでも引っ張り出してみようかと思います。いいわ「夢の続き」。
 
「おくりびと」オリジナルサウンドトラックラジオカテのついで。夕方に「お?耳馴染みがある曲のイントロが流れてきた」と思ったら、AIの「おくりびと」でした。実は映画を観たあと、この曲が頭から離れなくなりまして。すぐさまサントラを購入。家に到着後ヘビーローテーションしていた次第。このAI Ver.の「おくりびと」は映画の劇中では使われてない(のですって、聴いた気になったのは気のせいだったのだろうね)ので、サントラには含まれてはないのですが、久石譲氏のこの曲は本当に素敵。さすがとしか言えないっす(とても偉そうだ<オレ)。今回チェロありきでの曲つくりをされたことをパンフで久石氏が語ってましたが、この映画は映像も俳優陣も良かったですが、音楽がとても素晴らしかったです。映画の感想に関してはサボってますが、レインさんがこちらのエントリーで触れてらっさるので、一読されるとよろしいかと(&サントラも良かったですよ>レインさん。ご無沙汰です)。

「SUMMER NUDE」が。

毎年書いてる気がしますが、この時期になるとラジオでかかる「ENDLESS SUMMER NUDE」。んなことで、TFMで先ほど流れ、ああ、もう夏が近づいているんだよなと気付く。沖縄は梅雨明けしたそうだし、今月一杯がんばれば、南の島が待っている。その前に、あと10日程度で身体のケアの方が大丈夫なのか?という焦りもありますが、もうジタバタしてもねぇ。、、、とはいえ、何とかしないとな。
 
先ほど曲を聴いていて、この「ENDLESS SUMMER NUDE」のPVが観たくなったんだよね。たしか、パフィーちゃんたちが出てるはず。どっかで探せば出てくるかしらん。

※発見。貼りまする(2018/07/23)

 
、、、ところで、TFM。夏曲特集なのかしら?続いて夏の歌がじゃんじゃんかかってますが(次が「あー夏休み」んでもって「サマータイムブルース」と続いてますけど)。そうか、やっぱり夏は近いのか?今年の関東の梅雨明けは、KinKiのツアーの初日までに明けてくれるのかしらん?ってか、チケットの当落っていつわかるんだろう?・・・その前に、昨日届いたφコンDVD。あちこちで祭が開催されてる様子ですが、開封しないまま自宅の放置しているあたしは不届き者なんでございましょうか。なんかね。いまひとつテンションあがってないんだよね。なんでだろう?こっちもなんとかしろー<自分。
 
追記2:TFMの夏曲は、リクエストなのね。って、DJの話している内容を聞いてないのがバレバレだがや。で、もって今KinKiの「夏の王様」が流れておりまする。ひー、誰かリクエストしたのね。なんだかひっさしぶりに聴いた。この曲結構好きなんですよ。キーが高くて唄うのが大変(つらい?)とかなにかで話していたような気がしますが、聴くと元気でるぢゃないですか。今年の夏は流石に新曲出すんだよね?ここいらでひとつ、ばちっとハジけるような曲であることを願う。だって、夏なんですもの・・・。

「泣いたままで listen to me」

今週のTFMはJ-POP特集らしく、なにかと懐かしい曲がじゃんじゃん流れてます。んで、今流れたのが表題のBARBEEBOYSの「泣いたままで listen to me」。高校生の時に彼らの曲を聴いてファンになり、何度かLIVEにも足を運んだバンドでございましたが、この曲は後期のもので、どちらかというと思い入れは薄い曲なのですが、何気なく聴いたのに、結構ささりました。やっぱり、いいなぁ、バービー。先日のSMAP×SMAPでの「女ぎつねOn The Run」にしても、同じでキモチ的にはなんでこの曲なん?っていう感じだったのですが(あたしにとってのド真ん中は「でも、しょうがない」や「負けるもんか」なんです)、改めて聴くとやっぱりいい。今の年齢で彼らの曲をもう一度ちゃんと聴きなおしたいなぁとか思う次第。出来れば、LIVEも体験したい。ほんと、後楽園ホールでのLIVEとかダンパみたいで楽しかったなぁ。自分の青さも含めて懐かしい。そんなん、振り返る歳になっちまったってことかしらん?
 
ところで、先日、ポルノグラフィティの新曲「痛い立ち位置」のPVを観ました。MUSIC ON TV!の「サキドリ」でKinKiのPVを釣ったら、一緒に入ってたもので(ついでかよ)。ハルイチの「カフェイン11」で新曲が出るという話と、番組で流した後のファンの感想を聴いて(ストリーミング放送では曲は流れないのですよ)、早く耳にしてみたいとは思ってたので、ラッキー。曲がバービーっぽいということらしいので、どうかなと思ったら、やっぱりいい意味でバービーっぽかったです(笑)。いやん、ハルイチってばっ。PVには、ぱふゅーむちゃんたちも出演して二度美味しい仕上になってたりと、なんでかKinKiのよりも繰り返し観ていたりします(おいっ)。この曲に関してとか、ほかにもラジオでハルイチが話をしていた話とか、結構広げたいネタがあるのですが、まだちゃんと整理できてないので、もう少し暖めてから書きまする。横浜スタジアムのLIVE。チケット取れたら行こうかなぁ<ポルノ。
 
追記:9/6(土)が取れやした。2枚押えたので、職人誘ったら「考えさせてくれ」と言われました。ちぇっ。

「ぱっふゅ〜むデスっ!!」

最近、とてもPerfumeのお嬢ちゃんたちの露出が多い。今の旬のアイドルってことなのか?遅咲きながら、花開いて良かったねっ、、って、18、19歳に向かって遅咲きもなんもないだろうけど。前に触れたように、一気に彼女達が気になり始めたわけですが、写真にもあるクイック・ジャパン74 (Vol.74)」は、店頭に並んだ際に速攻で買ったり(「さまぁ〜ず」の特集もあったのもあるのだけど)、キャンペーンでゲストでラジオに出れば頑張ってるなー思い、先日の「Mst」初登場には、良かったねぇっと、テレビに向かって話しかけるようなことをしてたりします。そんな中、ポルノグラフィティのアキヒトのオールナイト(ご結婚おめでとうございますなのだ)に彼女達がゲストで出ると聞き、思わず寝る前にタイマー仕掛けて寝たあたしは間違ってますか?(聞くな。でも「244ーENDLIX」のFM-FUJIは家では聴けないのだもの)。
 
朝起きてから、早速再生してみる。ううーー、バカっぽいんだけど、やっぱり可愛い。
 
、、、ここまで書いたところで、タイムリミット。とりあえず本日は寝る。また今度(日時詐称している1/21深夜)。

懐かしい。

サビのフレーズばかり、頭に残っていて、曲名もアーティストも判らなかった曲名がTFMから流れてきたので記録。
 
■「MONDAY MONDAY」MAMAS&THE PAPAS
 
何年か前に沖縄に行った際、レンタカーで伊計島まで走っていた最中にカーラジオから流れていたのです。その日のお天気とか、走っているシチュエーションとか、なんだか色んなもんにハマっていたので、今でも時々口づさんだりしているのですが、ママス&パパスだったのか。でもサビの部分。「♪MONDAY MORNING」ではなく、「♪MONDAY MONDAY」だったのか。ずっと「マンデーモーニーン♪」って唄ってたよ。何年勘違いしてたんだろ?
 
さてと、仕事に戻ろう。今日は芝居観劇だ。頑張って早めにあがらなくては。
 
追記:帰宅後、職人に話したら、同じラジオを聴いていたしく、ヤツからも「『♪MONDAY MONDAY』って唄ってたな」と言ってた。同じ間違いに気が付いたってことか。はは(笑って誤魔化してみる)。

早く帰れそうだ。

9月の後半あたりから(もうはっきり覚えてもないのだが)、終電近い時刻に帰る毎日でございましたが(芝居とかエステとか用事のある時は別として)、今日はそろそろ事務所を出ても大丈夫そうな気配。っても、もう20時回ってるんだけれど。それでも、ちょっと嬉しい。でもねー、こんな生活ばかりしてちゃーダメだよね。なんのための転職だ、独立だ。いや、仕事量が増えてる分、収入だって多くなっているのだし、責任もあるのだから仕方がないのだけれど、もう少しちゃんとした自分の時間を持ちたいもんだ。どうしたらいいんだろうか。毎回、悩むまでは行かない程度に考えるんだけれど、どうも答えが出てこない。こういう性質である自分とうまく折り合いつけれるように心がけるしかないのかもな。なんにしても、仕事ばっかりでは精神衛生上良くないよな。なんとかしよう。ほんと、なんとかしなくては。気持ちばかり焦るけど。
 
はじめの日先ほど、TFMを聴いていたら、久米小百合女史(元:久保田早紀嬢)が出ててびっくりした。ってか、リアルタイムで彼女の曲を聴いていた時代を含めても、音楽番組(TV)で唄う彼女の姿と声は知っていても、こうしてDJと話しているのは初めて聴いたのだ。とても、とても大好きな彼女ではあるけれど、それは彼女の曲と唄と、雑誌等で目にしたりする程度の情報だけだったわけで、こうして肉声(っていうのもなんだけど)で、フツウに話をしているのが不思議な感覚でした。今はもう久保田早紀ではなく、結婚して本名に戻し、久米小百合という一人の女性として、彼女の信じる音楽を続けているのだよね。現在の彼女の唄う曲(「旅愁」)と1996年に出したアルバム(「はじめの日」)から「Terah」が流れたのを聴き、彼女がどんな人であったとしても、彼女の歌声は彼女のもので、やはり好きなものは好きなのだなとか、ぼんやり思ったり。
 
好きなものを好きという場合、その対象物のことを何もかも知る必要はもしかしたら無いのかもな。感覚的に好きだと思うことで充分なのかも。でも、そう思う一方で、それだけでは終われず、もっともっと深く知るために情報を得たりしてしまうのもヒトの姿なんだろうと思うけれど。面倒な生き物だよね。そう考えると人間って。もっとシンプルでいれないものなのかしら。って、無理か。

夏よ、終わらないで。

TFMから流れるは「サマーヌード」。ああ、暑くて暑くて、おかしくなりそうな夏だったけれど、気がつけば8月も末。いやでも、なんでも秋がやってくるわけだ。今年の夏は暑かったという印象だけで、夏らしいコトをなんにもしてないのに。それでも、夏は終わってしまうのかしら?土壇場になって急にじたばたしてしまう。今DJも話していたけれど、この曲聴くと、まだ夏は間に合うような気もする。残りの夏時間。何をして楽しめばいいんだ。夏の遊びを忘れてしまってきている自分が悲しい。はぁ。

やっぱりいい。

この夏何度か耳にしていた林田健司氏の「Y.T.O」。先ほどもTFMから流れましたよん。こういうのを聴くと、LIVEもまた行きたいなぁとも思う。、、で。ちらとWebを探ってみたら、夏祭り2007が先日終わったばっかりなのね。ちぇ。タイミング悪いなぁ。ん?Shibuya O-WEST?先日、芝居を観た帰りに前を通ったけれど、その前日だったのねー。うがー。どうしようもないけれど地団駄踏む。
 
ちなみに前を通りかかった17日。向かいのShibuya O-EASTでは、清春のLIVEがやってました。そこを通りながら、確か紗弥加っち(どういう呼び方だよ)がCD出していたときのプロデュースって、清春だったよなぁとか、林田とはまったく関係ないことを考えていたのでした。いや、紗弥加嬢の芝居の後(それも、彼女の大熱唱大会ステージ)だったから、なんとなくちょっとしたつながりを感じた気がしたのですよ。、、、って、結局なんの内容がないな。ま、いいか、覚書、覚書。
 
林田氏の新曲をAmazonリンクしておきます。いいっすよ、この曲。
 ■「Y.T.O 赤ジャケット」 ■「Y.T.O 青ジャケット

「ENDLESS SUMMER NUDE」

今、TFMにて真心ブラザーズの「ENDLESS SUMMER NUDE」が流れましたよん。これ聴くと夏なのだなと思う。ほんと、毎年そう思う。、、、ってまだ梅雨なんだけど。いったい、今年の梅雨はどうなってるんでせうね。雨が降らないのは外を歩くことを思うと嬉しいのだけれど、全く雨が降らないと流石に水がめが心配になってくる。夜、眠っている間でもいいので、ざざーっと降ってもらいたいもんだ。で、朝になると晴れてるってのが希望っす。
 
夏といえば昨日の夜、帰宅したら職人が仕事部屋に篭って仕事をしていたのでしばらく放置していたのですが23時半になるころ「これから新横浜(クライアントの会社)行ってくる」というので、せっかくなので付き合ってきました。ドライブ、ドライブ(笑)。平日の夜は道が空いてて新横浜まであっという間でした。昼の暑さは去り、車の窓を開けると抜けていく風の感じが気持ちよく、夏の夜の心地よさを思い出したよ。まだ夏というには、早いのかもしれないのだけれど、手を伸ばせば届くようなところにいるのだな。夏が近いというだけで、わくわくするのは、まだまだ子供だってことなのでせうか(←図々しいよ)。なんにしても、夏の夜のドライブは楽しいね。今度は夜の海へ行きたいもんす。
 
ところで、さっきWebでお天気を眺めていたら沖縄は梅雨明けしたとかっ。おお?これで、お日様満載確定かなぁ。早く逃げたいなぁ。あっちへ。

いいお天気。

TFM聴取中。ちはるの「metro pop」最終回放送中。早いな、もう1年経ったのか。そして1年で終わってしまうのね。ただいま、ゲストの浜崎貴司氏が「幸せであるように」を生演奏で唄ってるところ。ああ。こういうお天気の日に、この曲を聴くとちょっと切なくなる。春の海を思い出す。こんなお天気なのに、あたしは毎日なんでこんな風にすごしているのだろう。まずは自分が幸せであるべきなのに。ちょっとため息。

馬鹿な大人は可愛い。

そんなことで(↓下参照)、大きな袋を駅のロッカーから出し、家に到着したのは23時半。午前中に買い物したってのは、ある意味正解。平日の夜に買い物なんぞ、できるわけないのだ。この時期は。とほほ。本日各地で話題の中心であろう「HEY!×3」は事務所で、軽くながら見程度しかしてない上、途中で、人が来たりしたもんで歌部分まで辿り着かないウチに見続けるのを断念したあたくし。帰宅したのだから、朝の録画したPVとともに、見ればいいんですが、なんとなく気分的に浸れそうな気がしないので、テレビのスイッチもつけないでおります。やせ我慢なのか?うーーん。そうでもないんだよなぁ。なんだろう、この感じ。いやさ、ダウンタウンの松本氏の「めんどくさい」に、激しく同意してしまったのは、ファンとして失格ですか?(笑)もしかして?、、、っても、歌聴いたり観ちゃったりしたら、負けちゃうんだろうなぁ。その面倒臭い部分も含め。そういうところがずるいというか、強いというか、あたしが弱いのか。うーーむ。
 
で、何をしているかというと、PCに向かって確定申告用のソフトにポチポチとデータの打ち込みをしているわけですよ。その合間に、ちょろっとにっき更新してみたら、思ったよりも時間が掛かってるのに、まだ書いてるあたくし。そうだよ、こういうマジックに引っかかるから、家でにっき書いたらダメなんだよー。判っているのにやめられない。うぐぐ。そのPC作業のお供になっているのは、大体のところはハルイチの「カフェイン11」のストリーミング放送。先週もかなりグダグダでしたが、今夜の200回記念放送も輪をかけてグダグダで間抜けで馬鹿だ(笑)。しかし、こういう馬鹿具合が可愛いと思えてしまう自分が怖い。これはこれで、やっぱりなんか間違っている気がするよー。ぎゃー。どうなってんぢゃ。
 
そうだそうだ。忘れないウチに覚書しておこう。夏に横浜スタジアムで聴いた「空想科学少年」がどうも忘れられないので、LIVE DVDを購入しなくてはいけません。んなことで、あとで予約購入しておこう。
  ■「横浜ロマンスポルノ’06 ~キャッチ ザ ハネウマ~ IN YOKOHAMA STADIUM
ちなみに、春の横浜アリーナチケットも購入済み。これって、ポルノファンなの?もしかして。
 
そうだそうだのその2。どうやら、斗真とまりかちゃんが演った舞台もDVD化されるのね。
  ■SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
これも、購入するべき?うーむ、どうしよう。
 
なんだか、書こうとしていた内容の方向を見失ったので、仕事に戻ることに致します。早く終わってしまえー。ほれほれ(どこか壊れかけてる<オレ)。

「オールナイトニッポン」拝聴中。

は、拝聴?か、どうかは別にして、とりあえず現在ポルノグラフィティの「オールナイトニッポン」を聴きながらこれを書いている次第でございます。明日がNewアルバムの発売日なのね。昨日のハルイチの「カフェイン11」(bayfm)のストリーミング放送を聴きながら仕事をしていたら、アキヒトがゲストで猛烈な宣伝プロモーションを展開中だったので、その事実に気が付きました(遅すぎ)。んなことで、明日発売の「m-CABI」に関しては、先ほど慌てて購入してみました。はは。届いても直ぐには聴かないだろうとは思うのですが(え?)。
 
それにしても2時間の生放送の割に「オールナイトニッポン」ってあっという間だよね。合間に入るコマーシャルの数も多いし、なんとなく「カフェイン11」の方が内容がぎっしりっていう感じがするのか気のせいでせうか。そんなコト書いているうちに、放送終わっちゃったや。早っ。
 
、、、ところで、来週はシングルなので、ないとしても「I album」を出すときにでも、KinKiKidsも「オールナイトニッポン」やればいいのにな。ラジオの宣伝活動って今回まったくチェックしてないのですが、結構出ているんかしら?できればコメントだけとかではなくて、ちゃんと話しているやつ(←コメントだってちゃんと話してるけどね)。その前に、レギュラー放送(どんなもんヤ!&キンキラ)を聴けって話ですか?ああ、KinKiの番組もストリーミング放送してくんないかしらん。そしたら、どこでも聴きたいときに聴けるのに。最近、切にそう思う。

メモメモ。

ハルイチの昨日のbayfm「カフェイン11」をネットストリーミングにて拝聴中。コーナーの「男の不満バッティングセンター」が大のお気に入り。ここを聴くたび、ハルイチって可愛いなーと思う。とそんな話はさておき、ちょっと気になったのでメモ。
 
■『2006 ポカリスエットキャンペーン POCARI SWEAT×PORNO GRAFFITTI LIVE“RE・BODY” 』LIVE
 
ドラム:松永俊弥 http://www.htmg.com/musician/drum/matunaga.htm
ベース:根岸孝旨 http://www.cool-net.co.jp/dsl/
 
ふふーん。サポートメンバー(ミュージシャン)の音の違いの話。
 
これも。
ハルイチの写真の師匠:岡田貴之 http://www.musicnet.co.jp/close_up/hyde/whatsin_xp.html

これの宣伝だったのか。

今、TFMの坂上みき女史の番組に、黒谷友香嬢がゲストで出てた。ああ、結局、舞台「蒲田行進曲」観に行けなかったんだよなぁ(今更ながら地団駄)と思いながら聞いてたら、今週末公開の映画の主演とかいう話をしている。ん?二人の会話を聞きながら、検索してみる。ああ、あった。

■「TANKA 短歌」(2006/11/11公開、東映) 監督:阿木燿子、原作:俵万智、 出演:黒谷友香、黄川田将也、村上弘明他
 
ふーん。ここ1,2年?本当に日本映画が元気だよね。先日の東京国際映画祭の模様も見ながら思ったけれど。ちゃんとロードショーのタイミングで劇場に足を運ぶことは少ないのだけれど、試写会が当たれば観ようと思えるものも多い。これってそういう需要があるってことなのかな。映画っていうモノがそんなに大袈裟なものぢゃなくなったんだろか。いや、そうぢゃないよね。ただ、映画を撮れる環境が増えたってことなのかな。と、この映画を観るかどうかは別にして、そんなことを思ったのでした。で、タイトルは来週の「しんどい」のゲストが友香ちゃんだったのを思い出したのでした。きっと、この映画の宣伝、プロモーションってことかなと。そんなついでに原作を読んでみようかという気にもなったので、覚書しとこう。
 
  ■「トリアングル」俵 万智 中央公論新社
 
これも、一緒ついでに掲げておく。もう少し欲しいものがたまったらまとめて購入しよう。
  ■「自暴自伝」村上“ポンタ”秀一 文藝春秋
  ■「私の老年前夜」長塚 京三 筑摩書房
 
さて、仕事終わらせないとな。

書く準備?

久しぶりに聴いた「KinKiらキンキワールド」で流れたのは押えたよん。一応、書く準備のためにAmazonにリンクしておく。予約もせにゃな。
 
2006/11/29発売、KinKi Kids 24枚目のシングル
■「Harmony of December(完全初回限定盤)
■「Harmony of December(通常盤)

2006/12/13発売、とうとう『I』まで来ましたよん、てなアルバム
■「I album -iD- (初回限定盤)(DVD付)
■「I album -iD- (通常盤)

やっと観始めた。

先日、やっとこ7月のドラマを観終えたとほっとしたのですが、気が付けば10月ドラマも始まっていて、既に2話になっているものまであるのですね。このままだと、また溜まる一方なので、少しずつ消化するのを心がけてみようかと。そういう問題でも、そうやって消化するもんでもないのかもしれませんが。
 
とりあえず、観ようかと思っているものを羅列しておく。
 
  ・「のだめカンタービレ」実は、原作を読んだことがない(え?)。コミック最新巻のCMやってるねぇ
  ・「役者魂!」最近マネ業に食いつく傾向が
  ・「僕の歩く道」一人で観て一人で泣くのよ、きっと
  ・「14才の母」春馬くんに興味がある今日のこの頃(「チルドレン」観てから)
  ・「嫌われ松子の一生」映画を観たばかりなのでどうかな
  ・「Drコトー診療所2006」観ますよ、もちろん
  ・「家族〜妻の不在・夫の存在〜」竹野内くん・・・(て?)
  ・「セーラー服と機関銃」主題歌が頭の中を渦巻くの
  ・「たったひとつの恋」どうだろうねぇ
 
1話を観終えたのは、「僕の歩く道」「14才の母」「Drコトー診療所2006」の3つ。これは観ることになるのだろうと思う。ほかも地道に消化するぞ。おお。たぶん。
 
ところで、全く関係ないだろう話をひとつ。先日「Ns'あおい」のスペシャルを観たのだ。それに出ていたあおいちゃんのソーシャルワーカーの先輩役が、観ていてあたしの中でどういう訳か中山祐一朗くんと混同しちゃったのですよ。でも途中で「違う、これは中山くんぢゃない。誰だっけ?」と最後のクレジットで名前をチェック。山崎樹範くんと確認できてすっきり。でもさ。どちらも舞台出身だし、雰囲気も多少似てるぢゃない?オマケに「Ns'あおい」では眼鏡をかけていたから余計そう感じたのか。
 
ま、これはこれで話は終わってしまうのですが、今日何気なくそういえば山崎樹範くんって他は何に出ていたっけ、、、的な興味で、検索窓に入れてみたら、ん?ん??やましげ?やましげぇ?どこかで聞いたことがある、、、。もう一度、プロフィールを確認。ええ?「SCHOOL OF LOCK!」?!ってことは、あのやましげ校長が山崎樹範くんってこと?ひゃー。知らなかった。ほとんど、毎日(ってのは大袈裟か?)事務所で聞いてるラジオの声の主の正体(別に彼が隠していたわけぢゃない)は、彼だったのねっ。ついでにやしろ教頭ってのは、カリカのボケ担当の家城氏なのねっ。はぁー。知らないというのか、興味を持たないってのは、こういう結果を招くのね。カリカなんて、先日現物(って)を拝んだばかりぢゃないのよ<オレ。はー。なんだか、個人的に妙な驚きと納得をしたので、この場を使って残しておく。ふふーん。
 
別に知らなくても、生きていくのになんの問題はないけれど、知っていた方がためになったり、面白かったりすることってたくさんあるのだな。そういうアンテナが最近とても錆びてきているので、もっとナニゴトにも興味をもつべきだと、そんなことを思った夜の話でした。

優しいだけの男。

TFMから流れてきました。すげータイトルだなぁと思いつつ、結構気になったのでメモ。
戸田康平「優しいだけの男」
メガネ男子ですか?1979年ってことはつよしと同じ歳か。この年齢でデビューってのは、ちょっと遅咲きのような気も致しますが。
 
関係ないけれど、先ほど某タレント事務所のマネージャーが女の子を連れて来たのだけれど、彼女の顔が小さくて、目がでかくてびっくり。あんだけ顔が小さければ、あたしだってもう少し(←何がだよ)。
 
もうひとつ関係ないのだけれど
■「自宅にて」新藤晴一(ポルノグラフィティ)ソニーマガジンズ ¥1,890
購入して熟読中。時間がないのに、どうしても気になって。加えて、ハルイチが無性に気になる今日この頃。別に某みー嬢の影響ってな訳ではないのだけれど。それでも気になって、気になって。haru☆jpもRSSと携帯に突っ込んでこっちも熟読中。ちょっと面白いし、なんか好きだ。
 
、、、ってか、そんなこと書いてる場合ぢゃない8月の1日・・・。仕事しよ。

POISON

忙しいときほど、関係ないことをしてしまう性分をなんとかしたい、春の昼下がりでございます。どうなってんぢゃ、まったく。GW前の金曜日ってことで、駆け込みでじゃんじゃん電話がかかってきてますよ。それにしたいして、データつくって各自と連絡とらない取らないと、、、とバタついている合間にTFMから流れてきたのは「POISON」。ええ、布袋氏のヤツですね。が、どうも唄っている声が違う。どう聴いてもこれは、ポルノのアキヒト?ってなことで、慌ててTFMのTOPページに飛んでみました。ああ、やっぱり。加えて、どのアルバムに収録されてるのかしらと探してみる(←だから、そういうことは仕事が終わってからにしよーよ<オレ)。ポルノグラフィティのHPに飛んでも見つからない。でも、TFMで流れたってことは、CDに収録はされているはずだしと、さらに検索。ああ、ありました、ありました。どうやら、東京パラダイスオーケストラの谷中氏のプロデュースで、発売されたばかりの「Words of 雪之丞」らしい。うわー、これ欲しい、欲しい、欲しい。
 
なんか、しばらくCD関係を購入してないので、ばーっと思いっきり大人買いをしたい気分です。うーー。現状の、財政がそれを許さないので無謀なことはしませんけれど。ええ、しませんけど。ああでも、欲しいもの一杯あるのに(号泣)。、、、そんなことをぐでぐで言う前に、仕事片付けることにします。はー、お仕事、お仕事。

昨日まででした。

期待してお待ちになっている方がいらっさると気の毒なので、ヒトコトだけ。TFMでのコメントは昨日分で打ち止めだったみたいです。本日も「ソメイヨシノ」は流れたのですが、その後はLIVEの紹介(期間とか、場所とか、キョードー横浜とかそういうの)だけでした。あしからず。どうせなら、4日間にまたがるくらい、話してくれてもいいのにー(←わがまま言うな)。ということで、ご報告まで。
 
&加えて、ラジオのレポ起こしに関して、拍手でコメントを下さった方が多くて驚きました(ウチは、ほとんど拍手の反応がないサイトなので)。こちらこそ、読んでくださってありがとうございました。誤字脱字等がありましたら、またコッソリ教えてくださいませ。
 
さて、そろそろ帰ろう。今日のみなとみらいでの宴はもう終わったのかな?あたしの次は4/8(土)ざんす。まだまだ先は長いな。合間でも行けるところがあればーとも思ったのですが、贅沢かなと思いやめることに(今のところ)。仕事もなかなか抜けられないだろうしな。
 
そして、昨日触れ損ないましたが、「ENDLESS SHOCK」も千秋楽を迎えたのですね。長丁場お疲れ様でした>座長。今年も楽しませていただきました。来年もよろしくねっ(って、何者だよ<自分)。
Time
Twitter
Profile
書いてるヒト:あい(内木藍)
1999年10月20日開始。
MEMORIZEだった頃からお世話になっております。

何事も適当にゆるゆると。
結局のところはただのミーハー。
楽しければいいかな。たぶん、きっと。

ここまでのJ歴:どうもとつよし(別格)
→まつむらほくと(見守中)
→戸塚祥太(&A.B.C-Z)

完全なるオプチミストでマジョリティ。好きな言葉は"適当"。
生まれ変わるなら猫になりたい。 毎日楽しいよ。i know you love
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

サイト記事検索(livedoor)
Categories
ギャラリー
  • BACKBEAT覚書
  • BACKBEAT覚書
  • 悪役という強さ。
  • 「A.B.C-Z 2018  Love Battle Tour vs」神戸国際会館 こくさいホール 初日
  • 過去映像HDD化記録
  • 大好き。それだけ!以上!Nothing!
  • 感情が爆発する。
  • 感情が爆発する。
  • 雨に唄えば。
Recent Comments
Month Archives
Month Archives
amazon
now-visitor
  • ライブドアブログ