んなことで、ここ3日でHDDに突っ込んだものを控えておく。

★「ジャニーズ筋肉番付炎の体育会 No.1決定戦!2001」TBS
2001/10/12(金)19:00〜放送 東京ドームでの筋肉番付の様子がメイン

★「ジャニーズ筋肉 番付!!炎の番外編SP」TBS
2001/10/20(土)16:00〜17:24放送 東京ドームでの野球大会の様子がメイン

★「今夜独占!最強生放送'96メガヒットライブ」TBS
1996/08/24(土)18:30〜20:54 司会:KinKi Kids※『CDTV』の兄弟番組

★「今夜独占!最強生放送'97メガヒットライブ」TBS
1997/08/30(土)18:30〜20:54 司会:KinKi Kids※『CDTV』の兄弟番組

★「ザ・ベストテン 今夜だけの豪華版'97」TBS
1997/12/28 19:00〜20:54生放送 司会:黒柳徹子、KinKi Kids
アノ伝説番組を現代風にアレンジ!!「硝子の少年

「KinKi Kids(1)〜(4)」
KinKiのデビュー時のうたばん、Mステ、過去のアイオン等をまとめてくれたもの。120分×4本(内容はどこかで再度確認必要)

★「アイドルオンステージ(1)」360分
・1996/01/07 名場面集PART1 スタジオトーク:内海光司、V6、KinKi Kids、大村真有美
Love is Crazy」「Dance Dance Dance(95/7/23)」Sr.「ポケットに青春のFun Fun Fun」「Wating Wating Wating(95/8/6)」Jr.当
・1996/01/14 名場面集PART2 スタジオトーク:内海光司、V6、KinKi Kids、大村真有美
「ためいきロカビリー」「ヨイショ!」「ふられてBANZAI」等
・1996/02/04「青いイナズマ
・1996/02/11「冬のライオン
・1996/02/18「SPCIAL RED」「大丈夫(Coming Century)」
・1996/02/25 オープニングパンチ:合格発表とかけて○○とトク、その心は?「たったひとつの答え」「ひらり(忍者)」「ポケットに青春のFun Fun Fun(Jr.)」「Dance Dance Dance(Sr.)」「大丈夫(Coming Century)」※Sr.トニセン+原、瑞樹、喜多見
・1996/03/03 オープニングパンチ:お互いのモノマネをしてください「三日月の夜に(Jr.)」「俺んち来るべ(Sr.)」「君の瞳に恋してる〜ダンシングクィーン」「大丈夫(Coming Century)」
・1996/03/10 アンコール月間1993/10/10 第1回放送(司会:中居正広)※TOKIOが6人いる、で長瀬はタンバリンw。「たよりにしてまっせ
・1996/03/17 アンコール月間 1994/1/23放送 少年隊特集「踊り子」「Baby baby baby」

★「アイドルオンステージ(2)」360分
・1996/02/11「冬のライオン
・1996/02/25「たったひとつの答え
・1996/04/07「EUROBEAT MEDLAY(Queen of Love 〜Shake me up 〜IN THE HEAT OF THE NIGHT〜TOUCH ME,TOUCH ME〜恋のペントハウス)
・1996/04/14「PROUD MARY」「ひとりじゃない(剛)」「僕は思う(光一)」
・1996/04/21「STEVIE WONDER MEDLEY:Clap Your Hands Together〜SUPERSTITION〜I WISH〜DO I DO〜Clap Your Hands Together
・1996/04/28「君を旅して知っている〜GA・GA・GA〜星屑のスパンコール
・1996/05/05 KinKiKids Special
VEHICLE MEDLEY:VIHICLE〜悲しき願い〜恋のサバイバル〜HOLD ON I'M COMING(1995/07/02)」「Ever Dream〜She's a Woman(1994/07/03)」「HOLIDAY(光一:1995/10/15)」「NEVER GIVE UP(剛:1995/10/22)」「買い物ブギー〜与作〜It's BAD〜たよりにしてまっせ(1995/07/16)」「夏の終のハーモニー(1995/06/25)」

 
★「ぼくらの勇気・未満都市(1)〜(4)」NTV 全10話(1997/10月気ドラマ)
再放送分、1998/6/12〜6/25まで※当時、再放送はこれが最後
演出:堤幸彦、池田健司、脚本:遠藤察男
出演:堂本光一、堂本剛、宝生舞、白竜、矢田亜希子、小原裕貴、松本潤、相葉雅紀 等
 
★「山田太一・新春ドラマ パパ帰る’96」テレビ朝日
1996/1/4 21:00-22:54 放送(単発ドラマ)脚本:山田太一、演出:松本健等 
〜家族から飛びたった父をどうしますか…?身勝手な夫の夢が、妻や子どもたちに見せた素敵な魔法〜
出演:風間杜夫 篠ひろ子、鶴田真由、堂本光一、小林桂樹、財津一郎、野村宏伸、石黒賢
 
★「新木曜の怪談 サイボーグ Cyborg」CX
1996/10/17〜21放送 全6話 演出:本広克行、小野原和宏
出演:堂本光一、升毅、りょう、朝加真由美、櫻井淳子、佐藤仁美、高橋直気、竹内結子、上田耕一、矢島健一、松嶋亮太、益子和浩
あらすじ:アメリカ留学を終えて帰国した戒堂晃は、母や姉達に便利に使われている、気弱で手先の器用な少年である。しかしその実体は、留学中に遭った事故により脳以外の部分を全て改造された、バトルタイプのサイボーグだった。彼は合衆国秘密組織の密命を受け、エージェントG.O.のサポートと共に、難事件を秘密裡に解決していくのだ。
『木曜の怪談』をリニューアルした『新・木曜の怪談』の中で放送された。“生徒を洗脳する学習塾”“新開発の薬物による急速な筋力強化”“超音波による無差別殺人”など、続発する近未来的な事件に立ち向かう。が、それらはあくまで単発的なものであり、対する組織もただアメリカ、という巨大なイメージに頼るばかりで実体は掴めず、やや物足りなさが残る。自分の身体の性能も満足に知らされぬまま、正義に立ち向かうことを要求される晃にも、描写が足りないように思う。同じく堂本光一主演だった『銀狼怪奇ファイル』の新番組予告を見た者なら、誰しも想像したであろう設定をそのまま安直に映像化すると、こんなドラマになりはしないか? 続編のありうる設定なのが救いだった。
 とはいえ、全編を通して少しずつ描かれる、晃とガールフレンドの優香との爽やかな関係は、全編の短さに対して適当なものだろう。サイボーグでありながら、晃はホットな心の持ち主のままで、それが性能を凌駕していることすらある。『木曜の怪談』という枠の特性もあってか、デジタル合成を多用し、ややそこにひきずられた感もあるが、サイボーグの表現はやはり美しい。最終話のサイボーグ・アキラとアンドロイド・アキラの、夜の遊園地のチェイスや死闘は、見事だった。他に頭部のディスクを入れ替えて、高速モードになるシーンも良いが、白眉は第1話のおまけ「サイボーグのクッキングコーナー」であろう。くだらなさ加減が絶妙だ。全6回。
参考web(放送日と曲)

■KinKi Kids アイドルオンステージ(1)

■KinKi Kids アイドルオンステージ(2)

■KinKi Kids アイドルオンステージ(3)

■KinKi Kids アイドルオンステージ(4)

■V6 アイドルオンステージ

■KinKi Kids アイドルオンステージ 1994

■KinKi Kids アイドルオンステージ 1995

■KinKi Kids アイドルオンステージ 1996

■KinKi Kids アイドルオンステージ 1997