■「ジャニーズ銀座2015 C公演」初日 シアタークリエ 開演18:00〜19:50頃終了
出演:ジェシー、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、高地優吾、+京本大我
見学:向井康二、室龍太(下手BOX席)/MASASHIさんも?
 
さぁ、始まりました、この季節がやってきました。この時期に日比谷通いするコトが通例となるとは、4年前には考えもしておりませんでした。ええ、まじで。性分としては、色々といらない前置きをしてからレポを始めたい感もあるのですが、既にこんな時間(5/1に日付変わって現在0時45分、UP&更新する際は日付詐称で参りますのであしからず)。行ける所まで、進めます。事後も思い出すたびに追記していきます。、、うん。たしか、そんな感じだったよ、いつも。あたしのレポなんて(←色々と図々しいくらいに忘れている)。

会場前は人でいっぱいでしたね。いつもよりも時間があったはずなのに、会場には10分前に滑り込む感じで到着。当日券を当選されて、入れるか待ちの方々かな。入口前に整列されていた模様。ちなみ初日の当日券【13/205】とのこと。
 
入場すると1年ぶりに触れる会場のサイズとか雰囲気に、こんな感じだったなと、じわじわと思い出す。本日は下手の後列。振り返ると取材のカメラが一番後ろの通路にぎっしり。たぶんスチールだけでなく、ムービーのカメラも入っていたと思われます。そして斜め後ろにもお知り合いが。きっと、判ってないだけで、会場内に名前は知っている方々たちが、沢山いらしてたんだろうなぁ。そういえば、しばらくYさんにもご連絡してない。すみません。なんだかとても不義理をしている気分(←してます)。きっとどこかで参戦されているはず。

まずはセットリスト。ネタバレを回避している方は、この時期ネット界隈に近づかないだろうという前提に参ります。今やすっかり便利な時代で、PCに向かって仰々しくレポが書かれるのを待たずとも、終わった途端にtwitterから色々と情報は流れているので、十分コト足りていることでしょう、、、。なので、かなりの自己満足でございますが、それでも何か残しておきたい親心(←嘘です。ただの痛いファン)。ちなみに、あたくしのレポは余計な(いらない)情報が盛り込まれますので、先に謝っておきます。適当にお読み飛ばし下さいましー。

【セットリスト】(レポも間に挟みます)※北斗登場曲だけ色分け 北斗 これ。
開演直前に前説あり(正しくは事前場内アナウンス)本日の担当は樹(セルフエコーつき←日変わりかなと勝手に思ってますが違う?)。軽い小ボケから、今回のクリエ公演は団扇が禁止になった点の念押しと、ペンライトの使用に関しては高さは胸まででなく、頭上まで掲げてもOKのお知らせとペンライトを点灯させての使用練習(←これ、いらない・笑)

そして、場内暗転。その際に下手の一番前のBOXに二人組が滑り込んでくる。斜め後ろからだったので、一体誰だか判らなかったんだけれど、関西Jr.の二人だったのね、、、(勝手に照とふっかかと思ってましたが、滝沢演舞場中だ。そりゃ、無理)。

Opening:幕が上がる前にそれぞれの声出し。
順番は、樹→北斗「松村北斗でーす!楽しもうぜぇ」→慎太郎→眞連ジェシー。

01.愛のコマンド(KAT-TUN)全員
幕越しに右手を挙げてポージングした状態のシルエットが浮かび上がり登場。唄い出しは北斗から。実はこの曲、実は初聴き感満載。平日TAG-TUNE DRIVING(※注:TFM夕方16:50〜の田口のレギュラー番組、必ず最後に1曲KAT-TUNの曲を流す)で学習しているのになぁ。歌詞に「スイッチオン」と何度か繰り返されるのが印象的。衣装は北斗はコレ(→あとで、過去の画像探してくる。軽く書くと以前もクリエで着ていた襟飾りのある黒ジャケ、黒パンツ、白地にVネックの豹のプリントのTシャツ。クツも黒。アクセなし)。皆、最初はみんな黒系衣装(あまり覚えてない→回を重ねれば覚えられるはず)
 
02.Le ciel〜君の幸せ祈る言葉〜(KAT-TUN)全員
ほくとの「ルシエーール!」から唐突に曲が切り替わって開始。振り付けは基本同じだと思うのだけれど、階段を使用してたのが印象的でしたね。ほくとが一番上段に駆け上がっていく姿が目の裏に残ってまする。腕を横に伸ばした時計の針のような腕振り。基本の立ち位置は、舞台の上下の段差や前後入れ替わりはあるにしろ、真ん中のジェシーを挟んで、下手がほくととこーち。上手が樹と慎太郎。唄いながら人差指で天井を差しあげたり、左手を振り上げたり。

03.Shake It Up(Kis-My-Ft2)全員
ジェシーにピンが当たって「Just shake it, shake it baby」とスタート。立ち位置はルシエルから移動。途中で、センターの上段でほくとと慎太郎が背中合わせで絡む感じがなんかいい。この曲、バカレアの主題歌だったしね。ほくしんの絡みって、どこかに必要な気がする。階段降りてきてからセンターでふたりでグータッチして左右に分かれる。「クリエ」「クリエ」って替え歌してたね。上段にいた樹とこーちも降りてくる。
曲終わりにくるっと振り返ってお尻を見せ、そのままスタスタと下手の方においてあったマイクスタンドを取って戻ってくるほくと。なんかその仕草が普通のことなんだけど、なんだかキタっーー感じ(←何を言ってるんでせう)。

04.スキすぎて(SexyZone)全員
並び順は、たしか下手から樹、ほくと、じぇし、樹、こーち。マイクを使っての振りも激かわ。今回振付師不在で進めたんだよね?元の振り付けをアレンジしたのかなぁ。それとも、あれがそのままなん?元曲の振り付けはサビんとこしか知らないのだけれど、無駄に仕草が可愛過ぎて悶だえる。マイクを挟んでお尻を振るところは慎太郎が号令掛けてたね。双眼鏡を覗きながら、うわごとのように「かわいい、かわいい、、、」って繰り返しておりました。ちなみに、「愛・愛 Love You」の後のそれぞれの台詞
    じぇし:大好きです
    ほくと:愛してる(ほぼ「あいちてる」だったけど・笑)
    しんたろ:I love you
    じゅり:田中のここあいてます(右わきを指さしながら)
    こーち:みんな大好き!
ジェシーとほくとは台詞を言うと曲が終わらないウチに、それぞれサイドにハケて行く。むむ。何やるの?
 
05.SADISTIC LOVE(KAT-TUN)全員
そして、顔半分の仮面を付けたほくとが下手から登場。ジェシーは上手から。センターで重なるように立ち、前がほくとで後ろがジェシー。複雑な手先の振り付けが印象的。マスクを外してポージングしながら、ふたりのハモる唄い出し(ジェシーが上で北斗が主メロ)。うっわーー。これやるんのねっと震えるのと同時に、ほくじぇ二人曲と一瞬思う。でも、すぐに下手上段から慎太郎が、続いて上手上段からこーちが唄い出したので、そうではないことの小さく落胆する(え?)。その隙間にほくとは上手へ消えて、暗転している間に中央階段の下段に慎太郎と並んで座ってる。階段のど真ん中でRAPする樹と一人づつ絡んでいく感じが妖しさが見え隠れ(でもちょっと絡みの感じが子犬ちっくで可愛いく見える)。

ちなみに曲がこれだと判った際に、頭に浮かんだのは↓このツイでした。
定期的に目にしていたので、刷り込みでしょうか(笑)なんだか、ああ、良かった〜と思ったのが最初。クリエ自体は放送されないでしょうが、これで少クラでのご披露あるかなぁ、、。うん。期待はしたい。

ex1.DANCE
ジェシーだけが残ってコール&レスポンス。上手にハケる際の紹介を受けて、じゅりが上手から白シャツとパンツで出てきてダンス。次に下手の上段に慎太郎が登場。バックの台宙でステージに降りるのだけれど、勢いつきすぎたのかな。今日は着地したあと、ころんと転がってました。危ない危ない。二人で合わせて踊った後に、慎太郎が樹を抱えて身体をくるっと回すワザを挟む。続いて、ほくとが上手の上段から登場。衣装は右手なしの革ライダースにダメージデニムに白のハイカットシューズ。上段の狭いステージでバック転したのがものすごくカッコいい!ぎゃーー。着地がとんって軽やかなの。お腹をチラ見せ(見せてる訳ぢゃない?)。続いて下手の上段に紫チェックにフードを重ねた上着のこーち。最後にセンターの一番上の段に黄色ジャケのジェシー登場。その際、ほくとは客席に背中を向けて、少し足を開いて立っているのだけれど、その後ろ姿が足も長く見えるし、無駄に格好良すぎて、双眼鏡でガン見(←基本、双眼鏡を手放さない)。3人がステージに降りてきて、青ジャケ(中にベストも仕込んでる)を羽織った樹とオレンジチェックのシャツの慎太郎も出てきて、、、。

06.3D Girl(Kis-My-Ft2)全員+大我
上手から大我が登場して、ステージ上が6名に!。客席から割れんばかりの歓声。双眼鏡でほくとしか観ていなかったので、舞台上に何事が起きたのか双眼鏡を外すまで、しばらく把握できなかったよ(←早く確認しろよ)。先日の少クラで御披露した振りで、キスマイのオリジナルと同じなのかな?ちなにに、大我以外はヘッドセット。あ、大我はちゃんと私服ではなくて衣装でした。白シャツに金飾りのついた黒の丸襟のナポレオンチックなベストにパンツ。エリザベート仕様の金髪。踊ってる途中で樹が自分の手が引っかかったのかなぁ。白シャツの前ボタンがばばっと外れて、うわぉってな感じの焦った顔をしていたと思われる。慌ててボタンを留め直してたよね、あれ(笑)。

07.Make U Wet(田中聖)樹ソロ
このソロ曲って樹初披露?最初「Shorty」と勘違いして、この時に聴いてたかと一瞬思ったのよね。あの手の曲は、大体同じに聴こえる失礼なヤツ(それ、自分なっ)。白いシャツに黒の襟に金飾りありのベストにヘッドセット。この日はシャツの右側の襟がベストの中に入ってしまっていたのが気になって、ああ、あれ直したいなぁ、、とか思いながらぼんやり見てました(おいっ)。

ex2.ジェシー(ボイパ)&樹(RAP)+慎太郎DANCEのコラボ
その曲終わりにステージ上に出てくる二人。ジェシーが出てきながら、樹にマイクをぱっと渡す。前曲からの流れの掛け合いがかっこ良いところに合わせる慎太郎のダンス。見ごたえ&聞きごたえあり(←何者目線?)。見せ場として普通に格好良い。
 
08.虹(二宮和也)眞魯愁
ジェシーの紹介で唄うこーち。イントロが流れた途端に曲名判る方たちが湧いてました。ステージの上段の下手から登場。3DGirlの時の紫の上着に幾何学柄のTシャツにデニム。こーちも背はあるしスタイルいいんだなぁと再確認(ここで?)。それにしてもあんなに唄う前に観客に「がんばってー」と応援される唄い手、初めて見た(笑)。すごく緊張してたね。でもちゃんと唄えてたよー。1番終わったところで、客から拍手上がった覚えが(ってか、あたし手叩いてた気がする)。曲のラストの歌詞の「ありがとう」と彼自身の「ありがとう」が重なってなんとも言えない気持ちになりました。深いラストのお辞儀にみんなの拍手と歓声。

また話が変わるけれど、ニノの「虹」ってJr.に人気があるのね。嵐のアルバムを聴かないので、ソロ曲なんて本当に判らないのだけれど「虹」に関しては、前回(前々回?)のふぉ〜ゆ〜のクリエで、こっしーが弾き語りしたってのが気になっていたのを思い出しました。ああ、ふぉ〜ゆ〜クリエ。今度こそは1回は押さえたい(全く本編に関係ないよ<オレ)。

09.Fighting Man(NEWS)※ダブルダッチ 全員
こーちの唄が終わると、ステージにだだっと出てくる他の4名。ほくとは肩後ろにシルバーがのったデニムシャツ。靴が黒のダンスシューズに替わっていたと思う。曲に合わせてダブルダッチ。チーム羅ではなかったこーちとジェシーが苦戦しながらも頑張ってました。大我のやっていたタナーを跳び越えるワザはじぇしーがやってたました(4/30は成功)。

ex3.ダブルダッチ(北斗、慎太郎、樹)〜リフティング(眞)+ロープ スキッピング(ジェシー)→フリースタイルバスケ(ジェシー)
ちょっとダブルダッチがぐたぐたになってたかなぁ。北斗のバック転と慎太郎は成功したけど(いや、引っかかったかな)、樹のスピードは失敗、ラストの慎太郎の宙返りは成功。ここの流れがバシッと決まらないと、夏祭りでの勇姿を知っている分、余計格好悪く見えてしまうのは残念。リフティングのこーちは、やたら緊張してるって連呼してたと思う、、。

10.Jumpin' up(KAT-TUN)全員+大我
いつものわちゃわちゃ感満載のヤツ。ステージの上手、下手と移動しながらじゃれてる感じがあのコたちだね。なんていうのか。上手に移動する時、ほくとさんっては慎太郎を後ろから蹴ってたよ(笑)。樹がRAPする際に、周りが「じゅり。じゅり、じゅり」と煽るんだけれど、ずっと「じゅり」って合の手いれてるほくとが楽しそうで、可愛い。この曲は客席に降りてきて、通路にあるお立ち台に。ほくとは最初一番上手。その後移動して真ん中あたり。通路側のファンにタッチしながら、ステージに戻っていく。

ex4.意思疎通ゲーム(+MC)全員+大我
6人の中で一番、誰が当てはまるかを考えてフリップに書くゲーム。同じ答えの人がいた時点でポイント。自分の名前を書いても可。一番ポイントの悪かったひとが罰ゲーム。
例題:大食いな人
第一問:早く結婚しそうな人
第ニ問:自分が女だったら付き合いたい人
第三問:無人島に連れて行きたい人
結果:こーち:3ポイント、ジェシー&慎太郎:2ポイント、北斗:1ポイント
罰ゲームはジャニショ用の写真撮影→大我とポッキーゲームで。カメラマンは樹。2枚撮影。これ、早く観たい。いつJSに並ぶのかしら?早めに教えて欲しい。

11.僕らの朝(ジェシー&大我)※作詞:大我、作曲:ジェシーのオリジナル、アカペラ
大我が来たので、一緒に作ったこの曲を急遽唄うことに。照明がとてもキレイ。

12.夢の中の君(ジェシー)※オリジナル、アカペラ
曲の前ふりが(笑)。曲名から「の」を取ると『夢中君』となるのを、非常に楽しそうに語ってましたな、ジェシーってば。アカペラで唄うのでどうしても、前曲と同じ雰囲気に聞こえるのが残念。ちゃんとオケ作ってアレンジできるといいね。

13.ミステリー ヴァージン(山田涼介)慎太郎ソロ(途中でバックにジェシーと樹)
下手から、白のフード(裏地は黒)をかぶって登場する慎太郎。ぱーっとフードを外した際に、完全にフードが裏返ってしまってたのが気になって気になって(そういうの多いな>自分)、ステージに駆け寄って、直してあげたかった(余計なお世話)。山田のそれとは、やはり違った印象。同じ振りでも唄い手&踊り手変わるもんだね。慎太郎のはちょっと野性的(←そのまま?)。都会的な感じではないけど、青い感じはとても雰囲気間違ってはないと思う。イントロ明けから樹とジェシーもバックで参加。そうだよね。この曲はバック(できればもっとたくさん)いる方が映える曲だなぁ。曲終わりにこーちが黒マント羽織って、下手か椅子持ってその上に何かを置いて上手へハケて行く。

14.Love meeee(藤ヶ谷太輔)北斗ソロ
そしてイントロ。ひゃーーー、ラブミー?そうなの、それきたの。もう、たいすけのソロは全部、俺が披露するから、セクシー担当は任せとけ的な感じ?(←これは喜んでいいのかわからん)。とにかく、先ほどこーちが置いて行った椅子の上にくまちゃんが居ないのを確認してちょっとほっとする(え?)。ほくとは上手から上段からセンターに登場。デニムはそのままに、シャツが黒地に縦にシルバーのラインの入ったシャツ。ロボットダンスなのでヘッドセット。階段を下りてきて、椅子の上の小道具(白バラでした)を手にした途端、ロボットから人間的な表情が頭を抱えて苦悩するような演出なのかな。イスの上に立っていたところから、すっとそのま座るところがたまりません。最後に椅子に座ったまま「Love or Lie」とささやいて、白バラ(造花)にキス。暗転した途端にダッシュで舞台下手に走って消えていく姿が、妙に愛しい。あ、椅子のお片づけも自分でやってたのかしら?

15.アンダルシアに憧れて(近藤真彦)全員
そして聞きなれたイントロ。ええ?まず、耳を疑ったあとに「ほんとにアンダルシアやんの?」ってたぶん声に出して言ってしまったと思う。そのくらい、驚いた。この子たちのキャラではないかなぁと思っていたので(←それは失礼?)。下手の上段に赤の3つ揃えのスーツに黒シャツ、黒ハット、胸チーフ&白手袋のジェシー登場。手に赤いバラの花を持って踊り出す。1フレーズ唄って、階段を下りてきたところに、ステージ上に出てくる二番手はほくと。下手の後ろ側から登場して「アンダルシア〜♪」と唄い出す。ジェシーと絡んで花を受け取り、次に上手から出てきた慎太郎へバラの花のリレー。次は上手からこーち、その後、上段のセンターに樹が出てきてステージ上は5名に。あれ?この時点でバラの花がどうなっていたか記憶にないな、、。5人揃ってからはおなじみの振り付け。上着を脱いで、床に落とし、口でくわえて持ち上げ、また肩にかけて振りまわして踊る。ほくとの赤のスーツのベストに左側に黒いモチーフがあるのだけれど、それも含めてかっこよかったなぁ。しかし、ほくとの踊るアンダルシアを観れるとは思いもしなかったです。はい。仕上がり感はこれからの頑張り具合に期待する。

16.Vanilla(A.B.C-Z)全員
帽子をくるっと投げ、脱いだ上着も袖に投げ捨てる。暗転して後ろを向いて両手をサイドに広げて、次に始まるはバニラ。うーー、これもほくとが唄って踊るのが見れると思ってなかった。個人的には好きな曲なので嬉しい。ボニバタとバニラはおそらく同じ時期に井手氏から提供された楽曲で、KinKiはボニバタを選び、残っていたこの曲がABC-Zに降りたんだと思うの。確か前にとっつーがそんなことを話してたのを目にしたので間違いないと思うのだけれど、とても印象が似ていて、勝手に対なのだろうと思っている。できれば両方を同じステージで続けてやってくれるのを密かに期待している。あ、話がそれるけれど、「スワンソング」と「砂のグラス」も同様に思ってたりします(どちらも瀬川浩平氏作曲なので)。そういう感じ、きんきとえびって縁があるね。、、話がソレすぎ。

17.ROCK YOUR SOUL(V6)全員
そして、ガムシャラでのご披露を経て、彼らのものになってきた感(こなれてきた感)のあるこの曲。慣れている曲のはずなのだけれど、初日、結構ぐでっとしてたような。曲まで6人で唄う時は、大我を挟んで、ほくととジェシーがやる振りで手を合わせる部分とか、バランス崩れてたよん。あと、流れてくるオケと唄が上手くかみ合ってない部分なかった?途中から音と歌がずれてて、そのあたり聴きにくかった気がするんだけれど。曲間の「ROCK MY SOUL」はほくと。

18.運命Girl(Kis-My-Ft2)全員
イントロが流れると、手にしていた白手袋を外して、左のパンツのポケットに入れて、CLAPを始めるほくと。こうちと樹が唄った後「ダイナマイト バ・バ・バディ♪」で尻相撲するほくじぇ。その間に、袖に入ってカラーボールを持ってくるこーち(だと思った)。カラーボールにサインはなし(え?)。初日北斗に渡されたのは、緑とオレンジ(だったと思う)。ボールを両手に持ったまま、踊る姿がなんとも可愛い(←あたくしの中での形容詞がこれしかないのが残念)。曲間に1コ投げ、ほくとの1つ目は天井にぶつかってた気がする。ボールを片手に持って、アルファベットを表現するのも可愛い(特に「E」・笑)。樹だけ、2コを一気に投げて下手袖に先に消える。誰かが投げたボールがステージに戻ってきて、見つけた北斗がキックして客席に。唄のラストはセンターに4人でわちゃわちゃと集まって暗転。

ex5.TV番組コント※視聴者:樹、出演者:全員
暗転されたステージ上に下手からイスをリモコンを持った樹が登場。ダンスレッスンから帰宅して家でテレビを観るっていう設定(らしい)。
(1)歌番組。ほくとの曲紹介(KinKi Kids Kidsで「愛のかたまり」)で黒コートのジェシーがスタンドマイクを前に登場。
(2)動物番組。クリエ動物園。インタビュアー:ほくと。謎の動物:慎太郎。もうね。ここのほくと、お持ち帰りしたい、、。黒パンツにVネックのTシャツに黒ベスト。慎太郎は黒シャツに黒パンツ
(3)イナバのカレーのCM:こーちが大我の出演したCMソングを唄って、ステージ上を走りまわり、最後に自分の宣伝も。
(4)もう一度、動物番組。
ネタとネタの合間は、毎回暗転。続いて、メインコント(というのが正しいのかな。笑)へ。
 
19.Thank youじゃん(Kis-My-Ft2)全員
TV番組コントの流れで「森マッチョお兄さんのダンスコーナー」に。お兄さんが慎太郎(ランニング)。向かって下手が北斗、上手にこーち。慎太郎の後ろにジェシー。さんきゅーじゃんの振りを観客に教えて、最後に曲に合わせてみんなで踊りましょうっていうコーナー。この振り教え部分の慎太郎のテンションも最高でしたが、出来るアシスタントポジのほくとがとても素晴らしい仕上がり。なんていうのか、ポーズとって笑顔で立ってるのを観るだけで幸せになるような(←大げさ)。途中で緊張でテンぱって、声は枯れるは説明グダグダのお兄さんのフォローをするのも、振りのおさらいをさら〜っとテキパキとこなすのも素敵(ほくとの滑舌、気にならなくなった)。一通り踊れるようになったところで、みんな立って振り練習していたのだけれど一度皆を座らせる。なんでかなぁと思ったら、曲を流して通して皆が上手くできたご褒美にアシスタントたちが客席まで行きまーすって。ここでほくと、ジャケットを着てなかったのだけれど、下手の袖に入って慌てて上着を着に行った記憶が。曲に合わせる前だったか、合わせたあとだったかは、他の人の記憶をどこかで探して確認しまーす。そして、上着をきた北斗は下手通路に、上手通路はこーち。下手通路、最後尾まできて、丁寧にハイタッチしてました。本日は後方ながら通路に近かったので、ほくちさんのタッチ頂きました。うーん、でも出来ればタッチよりも、視線を合わせたかったなぁ。この日は後方までジェシーも駆け抜けていったと思う(記憶違いでなければ)。曲の終わりに合わせて、ステージに戻っていくアシスタントたち。最後、慎太郎がひとこと言って一度、舞台袖にハケる。
  
20.HELL, NO(KAT-TUN)全員+大我
そして、大我も含めてステージ上に。いつものHELL,NOの振り。

21.SIX SENSES(KAT-TUN)全員+大我
ほくとの立ち位置は上手の上段。そのスペースに一緒に大我も立って唄う。アクセントダンス2番目で回転からの投げちゅー。アクセントダンス後、ステージ上にいた北斗、大我、慎太郎が降りてくる。大我のアクセントダンスは用意されてなかったね。

22.Endless Road(Kis-My-Ft2)全員+大我
ほくとは階段を下りてきて上手の前方に。途中でセンターのジェシーと大我を中心に囲むような状態で唄いあげる。その際、後ろを向いてしまうので、北斗の表情ははっきりは見えず。

アンコール
23.weeeek(NEWS)全員+大我
客席まで出てくる。通路にお立ち台。北斗は一番下手側。

Wアンコール
24.Rockin'(KAT-TUN)全員+大我
メンバー紹介あり。北斗の紹介で慎太郎→高地→樹、樹の紹介で北斗→ジェシー。最後に大我を紹介。
幕の降りる間際のほくと「また絶対一緒におんなじ時間、作ろうね。ちゃんと見えてたからね、後ろの方も。声届いてたよ〜。今日ほんとにありがとうー!」


※ツイッターのレポをまとめたものを参照させてもらってますのでこちらも続きからどうぞ(←こちらの方がとても詳しいです)
※クリエレポ NAVER まとめ
(1)mikaxHJHさん2015.4.30-5.4 シアタークリエ「ジャニーズ銀座2015」C公演レポ シックストーンズ

(2)LJ0611さんの、ジェシーレポ クリエC「ジャニーズ銀座2015」